20150502 T池2015/05/02 22:30

Data
[天気] 晴れ
[最低最高気温] 15度/28度
[潮汐] 大潮
[日の出/日の入] 5:02/18:39
[前日の天気] 晴れ
[先週の天気] 好天

午後から開始。濁りは取れないが、水面の泡が消えないような酸欠っぽさはだいぶん改善している。M-1以外で釣ることが今日のテーマ。Fish#3の後、暗くなりかけた頃に蓮マットの隙間にカットテール5inの1/8ozシンカーテキサス(シンカーストッパーでほぼ固定)を放り込んで3シェイクx2アクション目でアタリがあったがすっぽ抜け。

Fish#1
[ルアー] バグリー ダイビングキラーB2 金バック白ベリー(全身ラメ)
[アクション] 中低速巻きでカナダモにからませ、軽く煽って外す、の繰り返し
[時刻] 14:30
[気温] 28度?
[風] 北東の風 1~2m
[場所] 中央首部。北東奥から伸びるカナダモ帯
スーパースポットをカナダモの中から喰い上げるここ最近の釣果から、藻の谷間にバスが潜んでいることはまず間違いない。真っ昼間ならなおさらだ。そこで、琵琶湖のような釣りをしてみる。北岸から、美味しいゾーンより遠くへキャストし、リトリーブして藻に当たったのを感じたら即テンションを抜きティップを2回ほど煽って外す、を繰り返す。外れた直後にブリっとアタリが来た。外しの煽りは極ショートストロークの軽く瞬間的なものが良いようだった。強すぎたり長すぎたりすると、ウォブルの強烈なダイビングキラーB2はエビってしまう。水位上昇によりカナダモ面までの水深は1m以上はあるようで、最初に試した霞クランクでは潜りきるまでに距離を食い過ぎだった。

Fish#2
[ルアー] M-1 インスパイア ミノー ザッコ
[アクション] トゥイッチ&ディープトゥイッチ (ツン、ツン。ツン、ツン。。トゥル。トゥル。。トゥル。トゥル。。)
[時刻] 16:50
[気温] 22度?
[風] 北東の風 1m~ほぼ無風
[場所] 北東奥カナダモ地帯。左手蓮マット脇
いつも通り。やっぱりMyコンフィデンスルアー。

Fish#3
[ルアー] Flat 95F クラウン 上下に板オモリ1cmずつ
[アクション] ジャーク&シェイク的短ジャーク (ヌラ、ヌラ。。ヌラ、ヌラ。。カカカ、カカカ、カカカ。
[時刻] 17:29
[気温] 20度?
[風] 北東の風 1m~ほぼ無風
[場所] 北東奥カナダモ地帯。左手蓮マット脇
「カカカ。」のポーズ中にティップがグッと入った。ちゃんと取り込んだが撮影中にお帰りになった。この池にしてはグッドサイズの36cmだった--釣り人の法螺でなく。

20150501 T池2015/05/01 22:09

Data
[天気] 晴れ
[最低最高気温] 15度/26度
[潮汐] 中潮
[日の出/日の入] 5:03/18:38
[前日の天気] 晴れ
[先週の天気] 好天

昼から。一昨日やった北岸では出なかったので、夕方からいつもの北東奥をトライ。しばらく必ず釣れていたスーパースポットC25は不発だった。

Fish#1
[ルアー] M-1 インスパイア ミノー ザッコ
[アクション] ディープトゥイッチ&トゥイッチ (||:トゥル。トゥル。。トゥル。トゥル。。ツン、ツン。ツン、ツン。。:||)
[時刻] 16:05
[気温] 24度?
[風] 1m~無風
[場所] 北東奥カナダモ地帯。左手蓮マットぎりぎりに落として
いつものディープトゥイッチとショートトゥイッチで。

Fish#2
[ルアー] M-1 インスパイア ミノー ザッコ
[アクション] ディープトゥイッチ&トゥイッチ (||:ツン、ツン。ツン、ツン。。トゥル。トゥル。。トゥル。トゥル。。:||)
[時刻] 16:14
[気温] 24度?
[風] 1m~無風
[場所] 北東奥カナダモ地帯オープンウォーター

20150429 T池とM池2015/04/29 21:44

Data
[天気] 薄曇り 時々 晴れ
[最低最高気温] 15度/23度
[潮汐] 若潮
[日の出/日の入] 5:05/18:36
[前日の天気] 晴れ
[先週の天気] 概ね好天で特に後半は最高気温が例年を上回った

T池の環境は先週末と変わらず。濁り気味。蓮カバーはもう葉の赤みが取れつつありだいぶん隙間が少なくなってきた。珍しく日の出から釣り開始。昼食後は、すぐ南にあるM池を1時間ほど試し釣り。夕方またT池に戻り夕まずめまで粘ったがノーフィッシュ。ポッパーまで試したがまだ時季が早い様子。4匹ともすべてフロントフック掛かり。

Fish#1
[ルアー] コットンコーデル スーパースポットC25 ロイヤルシャッド
[アクション] カナダモの面に触れるか触れないかの低中速巻き
[時刻] 6:58
[気温] 16度?
[風] ほぼ無風
[場所] T池中央首部。北東奥から伸びるカナダモ帯の上
いつもの北東奥よりは水質の良いことを期待し、今回は北岸から立ち込む。対岸方向へキャストし、これまでよりは若干速い1秒にハンドル1回転程度でカナダモの上っ面を舐めるようにリトリーブ。巻き終わりまであと2mとなりルアーのピックアップに移ろうとした瞬間にグイと重くなった。追ってきていたのだろう。この数分前にも、やや東向きに投げて喰ったがバれた。

Fish#2/#3
[ルアー] M-1 インスパイア ミノー ザッコ
[アクション] ディープトゥイッチ&トゥイッチ (||:トゥル。トゥル。。トゥル。トゥル。。トゥル。トゥル。ツン、ツン。。:||)
[時刻] 7:32/7:44
[気温] 17度?
[風] ほぼ無風
[場所] T池中央首部。北東奥から伸びるカナダモ帯の上
Fish#1と同じ立ち位置から、Fish#2はやや東向き加減、Fish#3はほぼ真西向きにキャストし、深めを意識してジャーク主体とした。これまで「ジャーク」と書いてきたが、自分がM-1ミノーでやる「トゥル」動作はウォブルとロールをほとんど伴わず45度方面へスッとダッシュして停まるだけなので「ディープトゥイッチ」と表現した方が的確。Fish#3はほぼディープトゥイッチだけで釣った。

Fish#4
[ルアー] M-1 インスパイア ミノー マットチャート
[アクション] ディープトゥイッチ&トゥイッチ (||:トゥル。トゥル。。トゥル。トゥル。。ツン、ツン。。ツン、ツン。。:||)
[時刻] 13:27
[気温] 23度?
[風] ほぼ無風
[場所] M池。東奥の沈下石組みの切れ目
20cmに満たない子バス。不意に浮いてきて食らいついた。M池は、まだ寒い時季に野池探索で一度入ってみたきりで、バスがいるかどうかさえ疑問だった。今回入った時には、フロートボートで独り淡々と岸辺に向かってジグだかテキサスだかを打ち続ける先行者がいた。立ち込み可能なワンドでも少しやったが、自分の装備と腕ではウッドカバーをかいくぐって岸ぎりぎりまでルアーを送り込むのは無理でありポイントを荒らすだけと思い、ワンドからは早々に退散した。自分がコバッチを釣った少し後、フロートボートの御仁は遠目にも40オーバーと分かるバスを上げていた。

20150426 T池2015/04/26 21:37

Data
[天気] 晴れ
[最低最高気温] 13度/24度
[潮汐] 小潮
[日の出/日の入] 5:07/18:34
[前日の天気] 晴れ
[先週の天気] 月曜のみ本降りの雨。以降は好天で平年並の暖かさ

山からの流れ込みのため昨日よりまた数センチ水位が増えている。水色は昨日よりさらに濁り気味。いろいろやったが釣果はこの1匹のみ。

Fish#1
[ルアー] コットンコーデル スーパースポットC25 ロイヤルシャッド
[アクション] カナダモの面に触れるか触れないかの低中速巻き
[時刻] 16:23
[気温] 21度?
[風] 西の風 1m
[場所] 北東奥のカナダモ地帯オープンウォーター
昨日と同じ場所、同じ戦法。珍しくフロントフック。巷の説が正しければ、下から喰い上げたということか。こういう釣り方のできるバイブレーションは今どきなかなかない。んー、しかし水が悪い。水面に泡ができるとなかなか消えない。同行した友人はマズメの帰り際に蓮きわの水深50~60cmの場所へソウルシャッドを投げて1匹(昨日もまったく同じ場所同じルアーでヒットしバラしている)。浅瀬で水温を測ってもらったらもう22度もある。

20150425 T池 今日は巻きもの2015/04/25 22:22

Data
[天気] 晴れ
[最低最高気温] 15度/24度
[潮汐] 小潮
[日の出/日の入] 5:08/18:33
[前日の天気] 晴れ
[先週の天気] 月曜のみ本降りの雨。以降は好天で平年並の暖かさ

月曜の雨でほぼ平常水位となり満水まであと20cmくらい。水はマーキーで、沈み藻群の存在がかろうじて分かる程度。14時頃から開始。夕まずめまでやったが先週あれほど当たったミノーが完全に不発。代わって巻物で2発。

Fish#1
[ルアー] コットンコーデル スーパースポットC25 ロイヤルシャッド
[アクション] カナダモの面に触れるか触れないかの低中速巻き
[時刻] 15:06
[気温] 22度?
[風] 西の風 3m
[場所] 北東奥のカナダモ地帯オープンウォーター
また同じ場所。水が増えた分、カナダモ帯と水面の間は先週より空いて70cmくらいあると想像。巻きスピードは5秒間にハンドル3回転程度、ティップの高さで調節しながらウィードベッドの上面にバイブレーションがぎりぎり当たらないという状態を意識した。テールフックが口の奥に掛かるしっかりした喰い。他にも2回ほど魚らしき感触があったが掛からず。こういうクラシックルアーで釣れてウレシイ。はい、まるりんの動画サイトの影響です。

Fish#2
[ルアー] Bカスタム タンデムウィロー 1/2 グリーンクリスタルF/Rシルバー
[アクション] カウント1秒で中高速ステディリトリーブ
[時刻] 15:56
[気温] 21度?
[風] 西の風 3m もろ逆風
[場所] 上と同じ場所
上記のバイブレーションでのアタリが遠のいたのでルアーローテーション。先々週、木に引っかけてロストした愛用ダブルウィローの補充で中古を物色した際に、ついでに買ったタンデムウィロー。このモデルでのフィッシュは確か初。他にも1回アタリらしきものがあったが、ノったのはこいつだけ。自分はこれまでの釣果から、中速以上の横っ走りはBカスタム(1/2oz)、中速以下はNoriesのクリスタルS、フォールの美しさはOSPのハイピッチャー(3/8oz)と勝手に決めつけている。

20150418 T池 春のM-1祭り2015/04/18 21:51

Data
[天気] 晴れ のち うす曇り
[最低最高気温] 7度/21度
[潮汐] 大潮
[日の出/日の入] 5:18/18:27
[前日の天気] 曇り のち 晴れ
[先週の天気] 雨や曇り多く気温低め

先週よりさらに水位回復し、満水まであと40cmくらい。ややマーキーで、沈み藻の存在が水色で分かるか分からないかくらいの水質。午後からの釣行で、マズメまでは、Bカスタム、ハイピッチャー、スイングインパクトFat4.8inのスイム、カナダモ帯でのフラットバックジグ3/8+パワーホッグ4in/ブラッシュホッグ、ソウルシャッド58SP-SRの早牽きやジャーク、だいぶ葉が育ってきたがまだ隙間のあるハス地帯でのスピードクロー・ノーシンカーバックスライド、Flat95F、いずれも不発。ところが...

Fish#1/#2/#3/#4/#5
[ルアー] M-1 インスパイア ミノー ザッコ
[アクション] トゥイッチ&ジャーク (||:コィ、コィ。。コィ、コィ。。コィ、コィ。。トゥル。トゥル。。トゥル。トゥル。:||)
[時刻] 17:30~18:08
[気温] 17~16度?
[風] 東の風 1m~無風
[場所] 北東奥のカナダモ地帯オープンウォーター
先週の土曜と同じ場所。ジャークの交ぜ方を少なくしてレンジを浅めに、トゥイッチは少しゆったりめにして5匹連続ヒット。バイトタイミングはトゥイッチの時だったりジャーク時だったりいろいろだが、どれもガッツリくわえている。3匹釣れた後、固定重心サイレント(C.B.S)モデルの腹鈍銀・背オレンジと、ノーマルのアユ(腹白)も試したところバイトがなく、ザッコに戻したら途端にまた2匹追加。他のルアーではまったく釣れない日。他に釣っているバサーもいなくて、まさにM-1ザッコカラーの独壇場だった。

20150411 T池 ミノーの季節到来2015/04/11 22:31

Data
[天気] 朝9時頃まで雨 のち 晴れ
[最低最高気温] 11度/18度
[潮汐] 小潮
[日の出/日の入] 5:25/18:21
[前日の天気] 一日中本降りの雨
[先週の天気] 雨や曇り多く気温低め

春前に-1mくらいまで水位が下がっていたが、春の雨で回復してきており満水まであと60cmくらい。先週(曇り&小雨)はハス地帯(赤みがかった若葉状態でまだ隙間がある)でのスピードクローのノーシンカーバックスライドリグがヒットしたが今日は効かなかった。先週・先々週と良かったBカスタム1/2の中高速牽きと、ハイピッチャー3/8のバジング->カーブフォール->牽きも、本日は通用せず。

Fish#1
[ルアー] M-1 インスパイア ミノー ザッコ
[アクション] トゥイッチ&ジャーク (||:ツン、ツン。。ツン、ツン。。トゥル。トゥル。。トゥル。トゥル。。:||)
[時刻] 17:15
[気温] 16度?
[風] 南西の風 3m
[場所] 北東奥のカナダモ地帯オープンウォーター
藻と水面の間はまだ60cmくらい空いていると思われる。時々ボイルが見られるが、スピナベ、トップ、SSR系クランクとも喰わず。「トゥル。」の後のポーズでバイトしたようで、藻にからんだのかと思って軽く煽ってみたら魚だった。撮影のためルアーは置き直したが実際は見事なハーモニカ食いだった。M-1のトゥイッチは、自分の場合、竿先を上方へ、水噛みを一瞬感じるところまで2回ハジく。そうすると、見事に左右にダートし、潜り過ぎが抑えられる。ジャークは、トゥイッチで浮き気味になったルアーを少し深いところへ戻すつもりで、ほぼ水平方向へ、水噛みを充分感じるところまで竿を振る。アクションの後にラインテンションを抜き過ぎると、キレキレのM-1はすぐエビになる。

Fish#2
[ルアー] Flat 95F クラウン 上下に板オモリ1cmずつ
[アクション] ジャーク&シェイク的短ジャーク (||:ヌラ。ヌラ。ヌラ。。ヌラ。ヌラ。ヌラ。。カカカ、カカカカ、カカカ。:||)
[時刻] 17:45
[気温] 15度?
[風] 南西の風 2m
[場所] Fish#1と同様
明確にひったくった。こいつの少し前にも1回バイトがあったが乗らず。「ヌラ」のフィニッシュはラインを緩めず竿を止める感じにすると首の振り過ぎが抑えられ、持ち味のローリングと小幅でヌメプリッとしたダートが活き、一瞬サスペンドミノーのように水中で静止する。